上質のコーヒー豆を自家焙煎してお手元へ。焙煎香房「茶豆珈琲(さとうコーヒー)」は上質のコーヒー豆を自家焙煎してお届けいたします。ギフトにも最適です。
ホームおいしいコーヒーの入れ方
おいしいコーヒーの入れ方
ハリオV60透過ドリッパー、ペーパーフィルターポイント

茶豆珈琲ではコーノ式の円錐ペーパーフィルターをおすすめしています。お好みの味の調整もしやすく、コーヒーの個性をうまく引き出してくれます。


ステップ1ステップ1

コーヒーをおいしく入れるためには、少し手間がかかりますが、飲む直前にコーヒー豆から挽くのが最適です。


ステップ2ステップ2

適量のコーヒー豆を入れ、表面が平らになるようにドリッパーを軽く左右にゆすります。
コーヒー豆とペーパーフィルターの間に隙間ができないようにしっかりとセットしてください。

ポイントコーヒー豆の分量の目安
[1人前]10g(メジャースプーン1杯)
[2人前]18g(メジャースプーン2杯弱)
[3人前]26g(メジャースプーン2.5杯強)

※上記の量は目安ですので、お好みの味になるよう、微調節をしてください。

※当店のコーヒーは一人前20gの荒挽きで一人前ずつ抽出しています。


ステップ3ステップ3

83~90度までのお湯をコーヒー豆の中心に置くようなイメージでゆっくりと優しく注ぎます。

コーヒーのおいしい成分を抽出しやすくするため40秒程度蒸らします。

新鮮な豆は驚くほど膨らみます。


ステップ4ステップ4

コーヒー全体が膨らんだら、2投目を注ぎます。粉の中心に500円玉くらいの大きさの円を1周描くように注ぎます。

ステップ5ステップ5

お湯が豆に浸透して平らになったら、STEP3と同じくらいの量のお湯を注ぎます。これを3~4回繰り返します。

ステップ6ステップ6

あとは分量までお湯を注いでください。

コーヒーがサーバーに落ちきったら抽出完了です。


※表面のアクには、脂質などの雑味分があるので抽出しきらないように注意しましょう。

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆は生鮮食品と同じように考えてください。

コーヒー豆は約1~2週間位で使い切る量をお買い求めいただくのがベストです。

冷蔵庫または冷凍庫などで密閉容器に入れて保存されることをおすすめします。

豆のままでの保存は、挽いた粉状とは違い、空気に触れる面が少ないので、酸化を防ぎ、家庭でも新鮮な香りと味をよりお楽しみ頂けます。